一般歯科

虫歯治療

C1

エナメル質に穴があいた状態です。
神経まで距離があるため、また痛みはほとんどありません。冷たいものがしみることがあります。

虫歯部分を削り、白いレジンを充填します。

C2

象牙質まで虫歯が進行した状態です。
この頃から、痛みが現れます。また、冷たいものがしみます。

虫歯部分を削り、型取りをして、詰め物を詰めます。

C3

神経まで虫歯が進行した状態です。
慢性的な激しい痛みが続きます。神経が死ぬと、痛みは消失します。

歯を大きく削り、神経を除去する根管治療が必要になります。さらにその上から、型取りをして被せ物をします。

C4

歯の根だけを残し、歯冠部がほとんど失われた状態です。審美性も機能性も大幅に低下しています。
炎症が歯の根にまで拡大すると、再び強い痛みに襲われます。

根管治療でも歯を残せる可能性は少なくなり、抜歯を検討せざるを得ません。
抜歯した場合、その後、入れ歯、ブリッジなどの治療が必要になります。

歯周病

  • 歯茎の腫れ、出血
  • 歯茎が痩せてきた
  • 歯茎が真っ赤、紫色
  • 歯が浮いたような感覚がある、痒い
  • 口臭が強くなる
  • 歯間が広くなってきた
  • 冷たいものがしみる
  • 歯茎から膿が出る歯がグラつく

    上記のような症状はありませんか?
    当てはまる方は、歯周病に感染している場合があります。
    一度歯科医院で診療を受けるようにしましょう。

義歯